技育プロジェクトのゴール

技育(GEEK)プロジェクトは、
もの創りを行う学生を増やし、
未来の “技” 術者を “育”てる活動です。

なぜやるのか?

2030年には80万人が不足

日本のDXの遅れが叫ばれる昨今、少子高齢化、GDPの低下など、課題は山積みです。そのDXの中核を担うエンジニアは慢性的な人材不足の状態で、2030年には80万人の人材が不足する(※1)とも言われています。

※1.「IT 人材需給に関する調査」より引用

もの創りしてる学生は10%

しかしエンジニアを志す学生は 年3万人程度しかおらず、その中で実際に「もの創り」をしている割合はたった10%程度(※2)です。「もの創り」の力で、DXは前に進みます。ギークなエンジニアが、日本の未来を変えるのです。

※2.サポーターズ学生プロフィールデータより算出

日本の未来のカギを握るのは

もの創りができるギークたち

どう実現するのか?

4つの機会を通して
インプットとアウトプットのサイクルを創出

技育祭ロゴ

技育祭

年2回(春・秋)開催の国内最大
学生向けテックカンファレンス

インプット 公式サイトへ
技育展ロゴ

技育展

「もの創り」を展示する
ピッチコンテスト

アウトプット 公式サイトへ
技育博ロゴ

技育博

「繋がり」を創る
交流イベント

インプット アウトプット 公式サイトへ
技育CAMPロゴ

技育CAMP

月1回のハッカソンや勉強会を
年間を通して開催

インプット アウトプット 公式サイトへ

技育プロジェクト
公式ブログ

技育プロジェクトの実施内容、背景の詳細をご覧ください

公式ブログ

よくある質問

【学生】参加にあたり、費用がかかりますか?
学生さんからは一切費用を頂いておりません。本プロジェクトの活動費用は、全て支援企業様の協賛金から捻出されています。
【学生】学年の制限はありますか?
一切ございません。学生の方であればどなたでもご参加いただけます。 大学1-3年生の方に多くご参加いただいておりますが、中学生、高校生の方もご参加されています。
【学生】全てのイベントに参加する必要がありますか?
ご興味のあるイベントにのみご参加いただければ構いません。大小のイベントを年間を通して開催しており、オンラインをベースとした実施のため、お気軽にご参加いただけます。
【企業】支援企業は、具体的には何を行いますか?
イベント毎に異なりますが、主にキャリア/技術の側面から学生さんとの交流を行い、直接的な支援を行っていただきます。詳細はお問い合わせください。
【企業】全てのイベントにて支援を行う必要がありますか?
各企業のご状況、ご要望に合わせて、調整いたします。技育祭、展、博、CAMPいずれかのみのご支援も可能です。詳細はお問い合わせください。

主催

株式会社サポーターズ

https://corp.supporterz.jp/
Twitter
PAGE TOP